竹下 玲奈

日本のファッションアイコン1

私のポートフォリオ
竹下レナは、

1981年12月17日に九州で生まれた日本のファッションモデルであり、時には女優でもあります。1990年代後半から、さまざまな雑誌、カタログ、テレビ広告、テレビシリーズ、映画に出演している。

プロフィール

と沖縄の間にある奄美群島の最大の島、奄美で生まれました。14歳前後でプロのモデルとしてのキャリアをスタートし、15歳前後でコマーシャルモデルを始めました。1998年、ハウスウェルネスフーズの清涼飲料水「プラッシー」のCMでテレビ初出演。2000年10月には、TBSの深夜番組「ワンダフル」でテレビデビューを果たした。

MORE」「STYLE」「Sweet」「Oggi」「Ar」「Ginger」「CanCam」「Non-no」などのファッション誌や、小林製薬「サラサーティコットン」、花王「シフォン」(香港・台湾)、「ビオレ」「プレティア」、三井不動産「三井アウトレットパーク」、日産「モコ」、キリン「プレミアム」などのテレビ・紙媒体の広告に多数出演している。

デビュー

2004年に谷口則則之監督の映画「ギラ」で女優デビューを果たす。その後、2本の映画に出演しています。2007年に日本アカデミー賞を受賞した「東京タワー」、2008年に公開された山下敦弘監督の「実験4号:イッツ・ア・スモール・ワールド」に出演。

2009年3月、長年所属していたヒラタオフィスを離れ、ドレスコードと契約。2010年に発売された初のソロ写真集『Karte』では、写真家・笠井千佳士氏が6年間にわたって撮影した写真を掲載している。竹下は、田中美保、鈴木えみとともに、雑誌「Closet」のデビュー号に、3人のモデルのうちの1人として登場した。

家族

2012年5月に結婚しました。遠距離恋愛を経て、福岡県の飲食業に勤める2歳年下の男性と結婚しました。同年9月、雑誌「BAILA」に妊娠7カ月、12月に出産予定であること、夫とは月の半分は別行動であることを明かしている。